弁護士法人 山本総合法律事務所

  • HOME
  • メールでのお問い合わせ

先輩弁護士の声 岡部裕也

当事務所に入所した理由

okabelayer0002.png  
 私が当事務所に入所した理由は、一つの案件を最初から最後まで担当することができ、弁護士として成長できる環境にあると考えたからです。

 

 また、当事務所では、後述するように、様々な事件を扱っており、また事件の数も多いので、事件処理の方針を迅速かつ的確に判断する能力を高めることができる環境にあります。

 

 また、様々な分野の事件を担当し、数多くの案件をこなしていくことで、自分の今後の方向性も考えながら働けると考えたことも入所の大きな理由の一つです。
 

入所後の印象

 入所当初は分からないことだらけで、スケジュール管理、電話対応、打ち合わせの設定の仕方からはじめ、本当に分からないことだらけでしたが、先輩弁護士やスタッフの方々が、丁寧に教えてくれました。

 

 また、当事務所では、食事の際や業務の合間にミーティングをしていますので、その際には難しい事件の処理方針の相談をしたり、業務量が適切か否か、現在悩んでいること等について話し合ったりと、所属の弁護士やスタッフに配慮してくれています。

 

 事務所の雰囲気は、事務所全体が事件処理の方針、事件管理の方法としてより良い方法はないのか、もっと効率的な方法はないのか等考えて、議論し、ときには笑いを交えながら話し合ったりするので、非常に和やかでアットホームな雰囲気です。事務所の一人が事件内容で悩んでいると、事務所の誰かが声をかけてくれる環境ですので、とても働きやすい事務所だと思います。
 ですので、日々の仕事は楽しく充実しています。
  0220001.png
 

現在の仕事内容

 通常の弁護士業務として、交通事故、家事事件(離婚・相続等)、企業法務(契約書のチェック等)、債務整理(個人破産、個人再生、法人破産等)、債権回収、刑事事件などの様々な分野の事件を扱っています。

 

 基本的には、一人で担当して事件を進めていますが、難しい争点や判決の見通しを考える際には、先輩の弁護士等に相談し、議論しながら事件を処理しています。また、特に難しい事件については、裁判所にも同行する等、先輩の弁護士の方々と連携して事件を進めています。

 

 また、特に高度の専門性が必要な場合(例えば、建築関係の法令の知識が必要であったり、医療的な知識が必要になる場合)には、外部の司法書士、行政書士、建築士等の専門家と連携したり、医師に面談する等して、事件の処理方針を決めたり、事件を進めたりしています。

 

 また、市役所の法律相談や、弁護士会の法律相談、法テラスの相談も担当することがあり、場合によっては、個人事件として受任して事件を担当したりしています。
 

仕事のやりがい

 弁護士の仕事は、依頼者の代理人となり、その人が抱えていた紛争を依頼者と共に背負うことになりますので、正直、大変な面も多いと思います。しかし、そのような仕事である分、強い責任感とあきらめない気持ちが要求されますので、弁護士の仕事は、人間として成長できるのが良いところではないかと思います。

 

 また、当事務所では、基本的には、各弁護士が、一つの案件について最初から最後まで主体的に関わることができるので、事件が良い方向に解決した場合には達成感も感じることができます。
 

応募される方へのメッセージ

 これから、弁護としてとしてやっていけるか不安を抱えている方も多いと思います。

 当事務所では、様々な事件を扱うことができ、弁護士として自分の方向性を考えるにあたっての環境が整っていますので、興味のある分野についての専門性を高めていくことができます。そして、基本的に、(最初は先輩弁護士と一緒に)一つの案件を最初から最後まで担当するので、達成感を感じると共に、弁護士として成長することができる環境にあります。

 また、とてもアットホームで、働きやすい事務所です。

 是非、当事務所の面接にいらしてみてください。

copyright(C) 2016 山本総合法律事務所 All Rights Reserved.